なぜ、これだけ医療が進歩しても「腰痛」を訴える患者さんの数は減少していないのでしょう?
 
医療従事者の指示通りに、
 
・コルセットをして
 
・服薬をして
 
・物理療法をして、
 
・ある運動をして、
 
・大事にして
 
・湿布もしているのに。。。
 
改善しないなど、
 

いろいろ試しているのに、腰痛の訴えが長年続いている方に、たくさんお会いしてきました。
 
しかし・・・
 
私に会って、
 
たった一つの情報、
たった一つの習慣改善
たった一つの運動 
 
で、
 
長年の痛みから解放され心も、体もスッキリされる方が少なくありません。
 
その秘訣は、
 

 

 

 
スクリーニング。
 

 

 

 
慢性腰痛には、様々な要因があるとされており、幅広い知識が必要になりますが、
 
できるだけ短時間にどのような対応が
その方にとって
 
ベストなのかを
 
“スクリーニング”できると
 
治療者も、患者さんも不必要に悩み続けることが減りますよね。

つまり、 

・運動療法中心にすべきなのか
 
 (鎮痛目的に、有酸素運動を取り入れるできか?)
 
・認知行動療法を中心にすべきなのか?
 
・薬物療法を中心にすべきなのか?

そんなスクリーニングって
興味ありますか?
 
すでに、さまざまなツールをお使いになっている方もいらっしゃると思いますが、
 

今回は、
そのような“スクリーニング”にご興味のある方に是非、知っていおいてが欲しい、
 
いや、
 
興味が無くても、患者さんのために、そして、ご自身のために
 
知っておかなければならない
ことの一つとして「ADHDのスクリーニング」について
ご紹介いたします。

続きは、こちらからお願いします↓

https://iairjapan.jp/archives/42236