臨床や私生活で「条件づけ」という観点を意識してますか?
 

 

 
今回のタイトルの様に、慢性腰痛を訴える方の理解にも役立つとされております。
 


 

 
“条件づけ”は、主に二つあるとされています。
 

 

 

「〇○○○条件づけ」
 

 
「〇○○○デント条件づけ」
 

 

 
生理学でも習ったことがあるかと思いますが、わかりますか?
 

 

 

 

 
「オペラント条件づけ」
 

 
「レスポンデント条件づけ」
 
ですね。
 

 

 
では、
 
この二つを小学4年生でも理解できるように簡単に説明できますか?
 
 

 

 
難解のことは、何回も説明されても
難しいので、まずは優しく簡単に。
 

長引く腰痛の理解のヒントになります!

続きは、こちらからお願いします。
 
>>>https://iairjapan.jp/archives/29195