ILPTでは、
腰痛治療セミナーの他に、

腰椎機能解剖学ワークショップを
開催しています。

今回は、そのワークショップで
行っているワークの一つを紹介し、
学びを深めて行きたいと思います。

・ワークで行う動きは、

椅子に座り、前屈し、椅子の下を
3秒覗き込むくらいの脊柱全体の屈曲を
5回ほど繰り返す、というのもです。

評価として、
立位での脊柱伸展可動域を
その 前・後 で確認します。

流れとしては、

1:立位で一度伸展
  
  ↓
 
2:座位で5回 反復屈曲
 
  ↓ 
 
3:立位で再度伸展チェック

というシンプルなものです。

では、ここで、
質問です。

3で再評価した時に、
立位での脊柱の伸展可動域は、

1)大きくなるでしょうか?

それとも

2)小さくなるでしょうか?

続きは、こちらをクリック
>>>https://iairjapan.jp/archives/10752