―●○ILPT主宰 赤羽秀徳 のコラム○●―

温かいコミュニケーションのためには、
「相手の関心に関心」を持ちましょう!
 
ということをお伝えしています。
 
わかりやすくいうと

関わる相手は、

どんなことを願っているのか
どんなことに興味・関心があるのか
どんな好奇心をもっているのか
 
ということに関心を持ちましょう
ということです。
 
しかし、
 
そもそも関心がない!
 
という人に対して、関心をもちましょう
といわれても、関心なんて持てないと思います。

その気持ちもわかります。
 
でも、
 
一緒に働いているスタッフであれば、
関心をもって接した方が温かな雰囲気に
なるので、その方が良いと思いませんか?
 
では、どうすれば
関心がない相手の「関心に関心」を持てるのかを
一緒に考えていきましょう。
 


◇関心に関心を持つ秘訣は?


 
と、いいながら、ズバリ
私からの提案ですが、

「関心に関心」を持つ秘訣は、
質問を予め設定しておくこと。
 
人は、質問されると自然に考えます。
 
では、どんな質問項目が良さそうか?
その項目は、シンプルに
「赤ちゃん」で考えみましょう。
 
自分の子供を
(子どもがいらっしゃらない方も想像してみましょう)
自然に観察したり、注目することは
どんなことでしょうか?
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
やはりまずは、
 
・どんな表情かな?
 
 (笑顔かな? 眠そうかな?)
 
は分かりやすいと思います。
 
他には、
 
・どんな声なのか?
 
 (喜んでいるか?辛いか?)
 
・服装乱れていないかな?
 

などの項目は、
よく注目するのでないでしょうか?
 
我々は、5感を通して情報を
キャッチしていきますので
 
視覚

聴覚
 
触覚
 
味覚
 
嗅覚
 
の中からよく使うものを考えると

視覚
 
聴覚

が使いやすそうですね。

◇視覚、聴覚ですること


 
その視覚、聴覚で何をするのか?
 
============
これを、
そもそも関心がない人に使ってみる
というのが今回の提案です。
============

本当は関心を持った方が自分も居心地が良くなるのに
なかなか関心が持てない人に対して。。
 
こちらは、声に出す必要はないですが、
 
【予め質問を設定】しておいて
あとは、それを実行してみるだけ。
 
質問項目は、前述の赤ちゃんと同じ
 
・どんな表情かな?
 
・どんな声なのか?
 
・服装乱れていないかな?
 
声に出す必要はなく、
観察していくだけ。
 

◇継続すると


 
しばらく継続していると
相手がどんなことに関心があるのかを
勝ってに考え始めることでしょう!
 
そして、

変化に気づいたら、それを
言葉にして相手に伝えてもいいですね。
 
「髪を切られたのですね」
 
などは良くある会話でしょう。
 
すると相手は、
 
「この人は、私のことをよく理解してくれている」
 
「この人は、私に関心を持ってくれている」
 
と思い、【こころの距離】も近くなっていきます。
 
相手は、いつもと同じなのに、
こちらが質問を設定して見方を
変えていくことで、

関心の度合が変わっていき、
二人の関係もより温かくなるでしょう。
 
もう一度、大事なことなので、
 
==========
相手は、いつもと同じ
==========
 
というところポイントです。

◇まとめ


 
あのひとのことはあまり関心がありません!
 
しばらく会わない人でしたら
それでもいいでしょう。
 
しかし、
 
私たちは、仕事や日常生活で
「あまり関心がありません」という
メンバーともチームとなり
コミュニケーションをとる必要が
あります。
 
そんなときに、
 
相手に期待するのではなく
 
まず、自分が相手の
 
 表情、
 
 声 
 
 服装
 
についての質問を設定し
その質問に自分で答えていくことで
相手の関心に関心が持てるようになり
 
相手にも
 
関心を持ってもらえていると感じるように
なるでしょう。

温かなコミュニケーション
温かな人間関係は
 
健康にとっても大変重要なことと言われています。
 
よかったら、早速質問の設定をしてみませんか?
 
すべての人々のハッピーのために。是非。  
 
 ・
 
 ・
 
 ・

聞きたいことや感想は、気軽にメールでどうぞ。

メール:office〇akahalabo.com (〇を@に置き換えてください)

 
****************** 
対話的腰痛アプローチ 
Interactive Low back Pain Technology(ILPT) 
主宰 赤羽秀徳 
******************