―●○ILPT主宰 赤羽秀徳 のコラム○●―

突然ですが、3つ質問です!
 

 
・ 
 

 
あなたは、彼女(彼)とお付き合いしているときに、
 
〇彼女(彼)を何か怒らせるようなことをしてしまったのかな?
 

 

 
〇彼女(彼)は、自分のことなんか気にかけてくれないんだ…。
 

 

 
〇彼女(彼)、あいさつくらいしてくれてもよいのに、ひどい人だ!
 


 
などと思ったことはありませんか?
 
(*お付き合いの場面ではなくてもいいのですが、今回のその場面を例に話をすすめます)
 

 

 

  私は、あります!
 

 

 

 
以前、
ILPTアドバンスに
参加された20歳代男性のAさんは、
 
アドバンス参加の約半年前に
彼女とのお付き合いが
終わっていたのですが
 
お付き合いしている
ときのことを考えると
上記の3項目 全て が
当てはまっていたとの事でした。
 
・ 
 

 

お付き合いしていると
様々な場面に出くわすことは
当然あると思います。
 
(もちろんお付き合いしていなくてもですが)
 
そんな時でのその相手の方と
より温かな関係を
保ち続けて行けたら理想ですよね。
 
 
今回は、
恋愛の場面を取り上げながら
温かな人間関係を築くコツの(一部)を
前述、3つの質問を参考に
確認していきましょうm(__)m


 
◇本当に怒らせることをしたのか?


 
改めていかがですか?
 
〇彼女(彼)を何か怒らせるようなことをしてしまったのかな?
 

 

 
〇彼女(彼)は、自分のこと何か気にかけてくれないんだ…。
 

 

 
〇彼女(彼)、あいさつくらいしてくれてもよいのに、ひどい人だ!
 

 

 
などと思ったことはありますか?
 

 

 
そのように思っていると
あるいは、
そのような「考えパターン」をしていると
折角の関係が壊れてしまうと
されています。
 
ある方との関係がうまくいかなくなって
別の方とおつきあいしたとしても
本人の「思考パターン」が同じだと
また同様にことで悩むことに
なるでしょう。
 
そこで、
 
まず確認していきたことは、
 
私たちは、
「人を怒らせる」ことが
できるのだろうか?
 
ということです。
 

 

 

 
(すでに、ILPTベーシックを受講された方は、復習です)
 

 
・ 
 

 
私たちができることは、

人が
怒るような環境を作る
怒るような対応をする
怒るような言葉を投げかける
 
 など
 
が正確かと思います。
 
「人を怒らせる」とは異なりますね。
 
自分が怒る ことはできますが、
人を(直接)怒らせる ことはできません。
 

◇事実確認に「と思った」を使う。
 


次に、
 
 〇彼女(彼)は、自分のこと何か気にかけてくれないんだ…。
 
という考えをみていきましょう。
 
ここで確認したいのは、
事実は何か、ということです。
 
(これは、他の場合にも当てはまることですが)
 
本当に、
「彼女(彼)は、自分のこと何か気にかけてくれない」
のでしょうか?
 
確認してみないと分かりませんよね。
 
関係が悪化してしまうと、
コミュニケーションが
とれなくなることが多いので、
 
事実の確認が
困難になります。
 
そのような状況になると
自分の一方的な
予測で考えてしまいます。
 
ということで、
 
ここでの、事実は、
 
ずばり!
 
「彼女(彼)は、自分のこと何か気にかけてくれないんだ…」
と、【私は、思った】
 
ということが事実です。
 
自分がそう思った というように
俯瞰して事態をみることが
できると冷静になれるでしょう。
 
そして、
 
自分事として考えると、
まだ、できそうなことが
あると思えるでしょう。。
 
 事実 
 
  と
 
 解釈 
 
を分ける。
 
言葉にするとシンプルですが、
これが混同して、
不必要に悩むことがありますので
是非、普段から意識してみませんか? 
 

◇怒りを感じたとき

では、最後3つ目をみていきましょう。
 
〇彼女(彼)、あいさつくらいしてくれてもよいのに、ひどい人だ!

は、
 
本人は、どんな感情になっているでしょうか? 
 

 

 

 
本人は、
 

 

 

 
「怒り」を感じています!
 

 

 
・ 
 
もっと正確に言うと、
 
本人が、「怒りを選択」しています。
 
怒りを選択するのは、
 
前述の「思考パターン」、
あるいは、「信念」である
 
“「人を怒らせる」ことができる”
 

があるために、
怒りを選択しやすくなると
言われています。
 
まず、
 
穏やかに過ごすためには、
先程の例と同じこをするのが
良いでしょう。
 
つまり、
 
「・・と思った」を使います。
 
・ 
 

 
・ 
 
「あいさつくらいしてくれてもよいのに、ひどい人だ!」
と思った。
 
という感じです。 

 
そう思った自分のことは、丁寧に丁寧に扱ってください。
 
いつも
 
===============
 
【自分は自分の味方でいて下さい】
 
===============

 
そこで、自分を不必要に否定することはありません。
 
思ったことは事実なので、
その後の、解釈を変えていけばいい だけ です。
 

◇ベースになるのは!


 
1~3すべてに共通して
大切になるのは、

「気遣いの思考」を持つこと
とされています。
 

 

 
「随分忙しそうそうだな。大丈夫かな?」
 

 

  
 
「きちんと欲求充足できていかな?」
 

 

 
など。
 
 
 不必要に自分を批判せず
 
 不必要に相手も批判せず
 
感謝の気持ちを、
気遣いの思考を意識して
過ごしていきたいですね。
 

すべての人々のハッピーのために。 
 

 

****
 
ILPTは、腰痛を切り口に
「自分との対話」を深めていくことで、
一人でも多くの方が、
 
・より幸福を感じて 
 
・より快適に過ごせる
 
ことをサポートしていきます。
 

ILPTは、
「複合的腰痛アプローチ」を改名し
 
「対話的腰痛アプローチ」
Interactive Low back Pain Technology(ILPT)
 として
 
相手の価値観に基づく、
対話的アプローチを
より深めていきたいと思います。
 
引き続き、よろしくお願い致します。

 
******************

IAIR認定アドバンスインストラクター  
対話的腰痛アプローチ 
Interactive Low back Pain Technology(ILPT) 
主宰 赤羽秀徳
  
******************