質問です!
 
第一問:
 
 「今!楽しんでいますか?」
 

 

 

 
第二問:
 
 「今!楽しいですか?」
 

 

 

 
いかがでしょうか? 
 

 

 

 
似たような質問を二つ
しましたが、
この二つの質問には、
大きな違いがあります。
 
===========
 
「今!楽しんでいますか?」
 

 
「今!楽しいですか?」

===========

  
その違いを知っていて、
実践できると、
 
患者さん、利用者さんの
悩みにも答えるヒントと
なりますので、
  
一緒に考えていきませんか?
 
 


◇楽しむ 楽しい の違いは?


 
 
改めて、
「楽しむ」と「楽しい」の違いについて
考えてみましょう。
 
すでにお気づきかとは
思いますが、
 
楽しむ は、
 
 心構え
 
 態度
 
のようなものですね。

一方、
 
楽しい は、
 
 感情
 
ですね。
 

 

 

つまり、
 
あることをした結果、
楽しいと感じる
ということです。
 
同じことをしたとしても、
人によって感じ方は様々でしょう。
 
そのことに興味があれば
楽しいと感じるでしょうし、
そうでなければ、楽しく
感じることは少ないでしょう。
 

◇直接コントロールできることと、できないこと


 
では、ここで、
 
とても大切な観点を
念のため確認しておきましょう。
 
 楽しむ
 
 楽しい
 
のうち、
 
自分が直接コントロールできるのは、
どちらでしょうか?
 
一方は、
 
直接はコントロールできませんが、
結果としてそうなる。
つまり、間接的にはコントロールできる
ということです。
 
 
今までの話題がヒントになっていますので、
すぐにわかるかと思いますが、
一度、確認しておきましょう。
 

 

 

 

 
わかりましたか?
 

 

 

答え。
 
直接コントロールできるのは、
 
「楽しむ」 
 
ですね。
 

 

 

 
「楽しむ」は、
 
心構え 
 
態度 
 
というようなもの。
 
自分の意識で
直接変えれれますね。
 
 
一方、
 
「楽しい」は、
 
先程もお伝えしていますが、
結果として、「感じる」もの
 
何かをしたり、考えたり、
見たり、聞いたり
 
した結果、
 
感じるものですね。


 
◇楽しむと 楽 をする


 
ここで、もう一つ確認しておきたいことは、
 
楽しむ と 楽をする
 
の違い。
 
シンプルにまとめると、
 
「楽しむ」には、努力をしたからこそ
その時、楽しめることもあるでしょうし、
 
努力する過程は苦しいことも
あるかもしれないということです。
 
 楽(らく)
 
  と
 
 楽しむ を
 
しっかり区別した方が
より上質な成果が得られると
感じています。
 
腰痛の治療においても
大切なキーワードになりそうですね。
  
 楽 か。 
 
 努力 か。

◇慢性腰痛


  
慢性腰痛を代表とする
慢性の痛みを
訴えるかたは、
 
直接、何を変えようとしているかというと
 
直接コントロールするこが難しい
「痛み」や「感情」を変えようとしている
方が多いかもしれません。
 
痛くなったら ・・
  
気分が悪いから ・・
 

痛みや感情に注目しすぎず、
 
今の態度、心構え
 
に注目していたら、

結果的に痛みを感じなくなって
「楽しく」感じられる日々を過ごせる方は
沢山いらっしゃると感じています。
 


◇まずは、日々の実践から。


 
 
同じ状況でも
感じること、
見えることは
どんどん変化します。
 
 
「条件づけ」一つで、
 
態度、心構え、
 
は変わっていくでしょう。
 
我々、医療従事者からの
一言一言で、「条件づけ」されて
いきます。
 
そして、それが
 
「薬」にも「毒」になります。
 

まずは、
 
あなた自身が
 
 楽しむ
 
 楽しい 
 
の違いを実感して
 
その経験を
活かしていただくのは、
いかがでしょうか?

すべての人々のハッピーのために。 
  

******************

IAIR認定アドバンスインストラクター  
複合的腰痛アプローチ 
IAIR Low back Pain Technology(ILPT) 
主宰 赤羽秀徳
  
******************
 
追伸:

 あなたが、日課として、毎日楽しんでやっていることはどんなことですか?
 
 
複合的・対話的腰痛アプローチ
ILPTベーシック&アドバンスでは、より詳細にお伝えしております↓
 


https://iairjapan.jp/backpain