役割

「では、しばらく仕事を休んでゆっくりして下さい」

「あまり無理はせず、誰かに任せて大事にしてください」

「悪くなるといけないので、安静にしてください」

 

などのアドバイスを受けたことがある、という方にお会いしたことはありますか?

風邪を引いたり、体調を崩して受診をしたときに聞くかもしれませんね。

腰痛で考えてみると、どう思いますか?

このアドバイスは、有効でしょうか?

当然、その方の痛みの程度や身体状況によるとは思いますが。

このようなアドバイスを受けて、ご家族がいつも本人がやっていることを
代わりしてくれる場合には、

本人の

========

・活動性や
・社会的「役割」に

========

ある一定期間変化が起こります。

今回は、ひととしての「役割」についての
大変興味深い研究から急性腰痛の対応について
確認していきましょう。

本文は、こちらからお願いします。
>>>https://iairjapan.jp/archives/27801