―●○ILPT主宰 赤羽秀徳 のコラム○●―
 
ちょっと想像してみてください! 
 
大型連休に車で旅行に行く場面の話。
 
あなたは、渋滞が嫌なので、
電車の指定席をとり、
旅行したいと言っていた。
(としましょう)
 
しかし、配偶者はどうしても車で
いきたいと言い張り、あなたは反論
していたとする。

 
配偶者は、出発の時間を早めれば渋滞
はしないと自信を持っていた。
 
しかし!!
 
当日朝、出発してみると、
早朝から大渋滞!
 
さて、そんな場面で、あなたは
どのように不満を伝えていくでしょうか?
 

 


 
伝え方によっては、その旅行は、
冷たい雰囲気になることもありますし、
 
逆に、
 
より、温かな雰囲気となる
こともあるでしょう!
 
どのように自分の不満を
伝えていくのが理想なのか
具体例を挙げながら一緒に
考えていきましょう!


 
◇不満の内容を伝えよう!相手は非難しないで。


 
では、早速二つの例をあげて考えていきましょう。
 
まずは、
 
1.私の不満バージョン
 
「ねえ!朝早いのに随分渋滞しているね。
 
 前も伝えたけど、私は渋滞が嫌いなの
 しっているよね。
 
 だから私、ちょっとイライラしてきちゃった」
 
 ・ ・ ・

という言い方と、
 
 ・ ・ ・
 
2、相手の非難 バージョン
 
「ねえ!朝早いのに、かなり渋滞しているんだけど。
 
 すべてあなたの無計画さの結果よ。
 
 あなたのことを最初から信用しなければよかった」
 
 ・ ・ ・
 
という言い方、
違いはわかると思いますが、
何が違うのか具体的にみていきましょう。
 
(どっちもきつく感じますが)
 
1.私の不満は、「渋滞」という事について
であり、配偶者の人格を非難しているもので
はないですね。
 
一方 
 
2.相手の非難は、文字通り「相手を非難」し
その後の旅行も、良い雰囲気に
していくものではなさそうですね。
 
つまり、
 
【人格】を非難しているので、傷つきやすく
一度、このような気分になると
ちょっとした会話が、不必要に
非難に聞こえてしまうかもしれません。
 


◇I メッセージ、Youメッセージ

前述の例2のように相手を非難しないで
より、温かな言い方になる方法をみていきしょう。
 
それは、
I メッセージ を使う方法です。

つまり、
「私」で始まる句を使うとよい
とされています。
 
Youメッセージである
「あなた」で始まる句より
比較的相手を非難しないと
されています。
 
具体例でみていきましょう。
 
例1:
 
「あなたは私の言うことちゃんと聞いている?」
 
  V.S.
 
「私は、あなたにしっかり伝えたいの」
 
例2:
 
「あなたは、いつも私のことなんで全く考えてくれないね」
 
  V.S.
 
「私は、あなたから無視されているように感じるの」
 
の違い。
 
いかがでしょうか?
 

例1、例2ともに、
「私」で始まる方が、二人のこころの距離が近づき
温かな関係になっていくと思いませんか?
 
しかし、
 
例え、「私」から始まったとしても
「私はあなたは、・・・だと思っている」
 

 
「・・・」
 
に相手を非難する「自分勝手」等の
言葉を使うと、効果的ではありませんので
ご注意下さい。
 
ということで
 
相手に自分のことを理解してほしい時には、
相手を非難するよりは、
 
自分の
 
 思い
 
 願い
 
 期待 などを
 
相手に伝える方が良さそうと
いういことがお分かり
いただけたかと思います。
 

◇評価・非難せず、事実を話す
 


では、より応用力を高めるために
非難を使わない別の例も一緒にみていきましょう。
 
まず、例をあげます。
 
例:
 
「あなたは、夕飯の準備を全く手伝ってくれないね!」
 
V.S.
 
「私だけが、夕飯の準備をしているように感じる」
 
後者も、言い方によっては、相手を
非難していることになりそうなので
口調には注意して発言する必要が
ありますが、
 
相手を非難しているのではなく
自分の状況を考えてほしいと
いうことが相手に伝わっていくと
思います。
 
相手を非難する気持ちを持たず、
あなたが感じている【事実】を
そのまま 穏やかに 伝えると
理想だと思います。
 
もし、
 
これで伝わっていないと
感じたときには、
 
より【具体的】に言った方が良いでしょう。
 
先の例でみると、
 
「あなたは、夕飯の準備を全く手伝ってくれないね!」
 
V.S.
 
「私だけが、夕飯の準備をしているように感じるの。
 ダイニングデ―ブルの上に散らかっている
 本を片付けてもらえるとありがたいんだけど」
 
という感じはいかがでしょうか。
 
相手に期待することを
はっきり具体的にお願いする感じです。
 
繰り返しますが、
おだやかに伝えましょう。
  


◇頼むときの3つの心構え
  


ここで、ちょっと補足しておきます。
 
相手にお願いするときのポイントを3つ。
 
それは、
 
1.丁寧に
 
2.感謝して
 
3.溜めない
 
ですね。

これを、「意識的」に行うということです。
 
これも、先の例でみていきましょう。
 
「私だけが、夕飯の準備をしているように感じるの。
 【悪いけど】ダイニングデ―ブルの上に散らかっている
 本を片付けてもらえるとありがたいんだけど」
 
というように、
ワンクッション【悪いけど】
などの言葉をつけて伝えて、

相手が、やってくれたら
きちんとこころを込めて、

「ありがとう」を伝える。
 
そして、
 
3つめの「溜めない」は、

不満や問題に感じていることを溜めて
いるときに、相手に伝えようとすると
怒りの感情を伴ってしまうこともある
からです。
 
不満に思ったことがあったら、
溜めずに、こまめに伝えていきましょう。


◇まとめ
 


今回は、
 
「不満を伝えてね!相手を非難しないで…」 
 
とうタイトルでお伝えしてきました。
 
相手を非難せず、不満を伝えるポイントは、
 
・I メッセージを使う
 
・評価せず、事実を伝える
 
・溜めずに、丁寧に、感謝の気持ちで話す
 
ことかと思います。
 
“親しき仲にも礼儀あり”
 
とも言われます。
 
身近で大切な人ほど、より丁寧に
感謝して接してみてはいかがでしょうか?

 
すべての人々のハッピーのために。是非。  
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 

聞きたいことや感想は、気軽にメールでどうぞ。

メール:office〇akahalabo.com (〇を@に置き換えてください)
 
 
****************** 
対話的腰痛アプローチ 
Interactive Low back Pain Technology(ILPT) 
主宰 赤羽秀徳 
******************