―●○ILPT主宰 赤羽秀徳 のコラム○●―

突然ですが、質問です。
 
「今、何に不安を感じていますか?」
 

 

 

 
その不安とうまくつきあえていますか?
 

 

 

 
もし、長引く不安を感じているとしとしたら、
本当につらい状況だと思います。
 
長引く不安は、脳の鎮痛機構にも影響を及ぼしたり、
自律神経系にも影響を及ぼしたりしますので、

できれば、
 
長引くことなく
うまく対処できるといいですよね。
 

 

 

 
そのポイントは・・・
 
不安を解消させるという意識よりは、

不安をうまく対処する

不安をうまく癒す 

ということ。
 

  

 
うまく対処のため、そしてうまく癒すために
意識してほしいのが、今回のタイトル
「不安はどっからやってくるのか?」
という観点です。
 


◇その不安は、どこからやってくるのか?


 
再度、質問です。
 
今感じている不安は、どこからやってくる
 
あるいは、
 
どこからやってきている
(・・・が原因)
 
と思っていますか?
 

 

 

 
実は、不安は、
 

 

 

 
「あなたの中から、やってくる」
と言われることが多いのです。
 

 

 

 
いかがでしょうか?
 
正直、自分の中から生じているの?? 

と疑問もあるかもしれませんが…
 

 

 

 
自分の中からと考えないと、
「・・のせい」
と、他責になります。
 
そのような時は、

「自分は正しい」

 「相手が間違ってる]

と思っているので

今の自分の思考や行動を
変えることはないでしょう。
 


◇もし、不安を感じなかったら困ることは?
 


では、ここで、ちょっと逆のことを
考えてみましょう!
 
もし、
 
あなたが不安を全然感じないとしたら
何か困ることはありそうですか?
 

 

 

 
例えば
 

 

 

 
相手の感情の理解については、
いかがでしょうか?
 

 

 

 
相手に親身に寄り添うことができる人になる
という面ではいかがでしょうか?
 

 

 

 
自分と対話する時間をとるという観点では
いかでしょうか?
 

 

 

 
人との関わりのなかで大切なことに
気づく機会が減るかもしれませんね。
 
詳しくみていくと他にもありそうですが、
不安になることにもしっかり意義が
ありそうです。
 


◇まずは、自分一人で、自分と対話。


 
ですから、単に不安を解消するのではなく
まずは、不安を自分がしっかり受け止める
 
さらに、
 
それをより確実にするために、
一度、カラダから外に出す、
つまり、書き出してみる。
 

 


 
ここで、注意することは、
 
============
評価は一斉しないこと。
============
 
ありのままの自分の気持ち
その不安の気持ちを素直に
書き出してみる。
 
「あるべき姿」ではなく
「あるがままの姿」に注目する!

このプロセスが
そのまま、【傾聴】するときにも
役立つでしょう。
 
「自分が聴いたとおりに、
相手が語ったことと同じことを
もう一度相手に語る」
 

 

 

 
例えば、子供が
 
「まだ、寝たくない!」
 
「ご飯より、ゲームしたい!」
 
「やだ、勉強はきらい」
 
などと言ったとき、
 
評価せず、そのまま受け止め、
そして、そのままアウトプット。
 


 

私たちは、ついつい
無意識に、「あるべき姿」を
自分にも、そして他人にも
当てはめてしまう傾向が
あるようです。
 
そうすると、
自分や相手の欠点など
マイナスと言われる面が
必要以上に気になるでしょう。
 
その結果、
  
相手を批判したし、
ガミガミ言ったり、
責めたり、
文句を言いたくなって 

温かな関係を保てなくなるでしょう。
 
それは、あなたも、
望むことではないですよね?

◇仲良くなり、温かな関係を保つ方法
 

まずは、そのまま受け止める。
 
評価はせず、ギアは、ニュートラル
 

言葉にするとシンプルです!
言葉にするとすごくシンプルです!
言葉にするとシンプルすぎます!!!
 
・ 
 

 
・ 
 
でも、効果は絶大だと感じています。
 
自分と仲良くなるため。
自分の不安とも仲よくなるため

そして、
 
あなたの大切な人とさらにさらに、
仲よくなるために

不安を感じたときに、
今回のことを思い出し、
実践してみてはいかでしょうか?

腰痛を感じても同じですね。
 
すべての人々のハッピーのために。  

 
実践してみて感じたことあったら、
是非、感想お聞かせ下さい。
 
メール:office〇akahalabo.com (〇を@に置き換えてください)

 
******************
 
対話的腰痛アプローチ 
Interactive Low back Pain Technology(ILPT) 
主宰 赤羽秀徳
  
******************