―●○ILPT主宰 赤羽秀徳 のコラム○●―
 
「失敗」ということに対して、決めていることはありますか?
 

 
・ 
 

 

 

 

 
失敗は成功のもと と考える!
 
  とか
 
 失敗は成功の母 と考える! 
 
  とか
 
 七転び八起

 
など
 
様々な言葉がありますが、
 
あなたが、失敗に対して
このように向き合っていこうと
決めている行動指針は
どのようなものですか?
 

 

 

 
私なりにはいろいろと
決めていることがありますが、
一言で言ったら、

「後出しじゃんけん」
 
のような感じですね。
 
「このやり方ではうまく
いかないことが分かった」
(よく聞く言葉ではあると思いますが)
 
だから次は、別の方法をやろう。 
 
それだけのこと。
 
そして、
 
もし、人に迷惑をかけたと感じたら、
素直に、誠実に謝る。
 
日々生活していると
「失敗」してしまった! 
と思う場面はあると思います。
 
いかがですか?
 

今回は、「組織」での失敗について
一緒に考えていきましょう!
 


◇失敗を成功のもとにしない場合


 
あなたは、失敗して
責められたことはありますか?
 
あるいは、
 
人を責めたことはありますか?
 

 

 

 
私は、あります。 
 

 
・ 
 

正直、今でもあります。 
 
特に、
【当事者がいないとき】に
責めています。
 
なんで分かってくれないんだろう!
どうして、そうなるの!
だから、・・・!!
 
と。
 
他人を責めています。
 

 

 

 
自分のことは、
前述の「後だしじゃんけん」のように
次はどうしようかな?
 
目標の設定はあっているかな?
期待値は適切かな?
そもそもの目的はなんだったかな?
 
など、失敗と感じたときに、
 
 ・目的
 
 ・目標
 
 ・期待値
 
の確認をして、
次の行動につながる
ようにはしていますが。
 

 
・ 
 

  
今私が行っているように、
冷静に自分の思考、言動、行為を振り返り
他人を責めていると分析できると
まだ修正はしやすいかと思いますが、
  
自分が他人を責めていることを
正当化し続けてしまうと
人間関係が破壊されていきます!
 
そして、【組織】も上質なものには
なっていきません。
 
それは、望むことでないですよね!
 
でも、正直責めたい気持ちもあるかと思います。
 
だって、組織としても成功したいから、責める。


 
◇失敗を成功のもとにするために責めるべきもの


 
安心して下さい。

責めたい気持ちを抑えることはないのです。
 
責めて良いものがあります。
 
それは、
 
 【システム】です
 
誰かが失敗した時、

それは、
 
期待したもの、理想のものとが
異なる結果だったということですよね。
 
その時、
 
失敗の内容を詳細に書き出し
 
 ↓ 
 
それを、共有し、原因を探し
 
 ↓ 
 
失敗しなくて済む【システム】を創造する
 
 
ことを繰り返していけば
いかがでしょうか?
 

 


 
 
例えば、交通事故対策で
車の左折における、自転車、歩行者の
巻き込み事故で考えてみると
 
直線道路から斜め左に入る道に
横断歩道があるとき、
その横断報道の3mくらいまで
ポールを立ててある
 
というものがあります。
 
左折するときに
そのポールの分だけ、
左折するポイントが先になるので、
 
その横断歩道を渡っている
歩行者や自転車に
運転者が気づきやすいし、
 
歩行車、自転車側としても
車の存在に気づきやすいでしょう。
 

 

 

 
左折時は、
歩行車に注意しましょう! 
 
という看板だけよりは、 
左折巻き込み事故という
失敗を減らせます。
 
失敗をしなくて済む
【システム】の一例かと思います。
 

是非、
チームで知恵を出し合い、創造性を発揮して
システムを責めて、責めて、責めて
失敗をしなくて済むシステムを構築して
いただくと良いかと思います。
 
その流れができたら、
 
失敗も成功のもとになり
 
失敗してくれてありがとう
皆の「気づき」のきっかけになったよ!
ストレスを感じることが減ったよ!
 
となるでしょう。
 
いかがでしょうか?


 
◇失敗をしない完璧な人はすきですか?


 
ここまで、
失敗をしなくて済むシステムのことを
話てきましたが、
  
あなたは、 
 
失敗しない完璧な人は好きですか? 
 
私の好きな言葉に次のようなものがあります。
 
 失敗も愛嬌
 
 失敗が自分らしさを作ってくれる
 
 人間だもの。。。
 
失敗だと思った下り坂も、
自分が180度振り向けば、
上り坂になります。
 
★自分が振り向くのです!!
 
相手を振り向かせるのは、
短期的には、効果が出ても、
関係が破壊していく危険があります。
 
また
 
自分を必要以上に責めたり、
否定する考え方が習慣になってしまうと
 
心身の健康にも悪影響があり、 
他人に対しても、妬み羨み、
欠点ばかりを探してしまい

折角の他人の才能や優しさに
気づけなくなってしまうことが
多くなるでしょう。
 
完璧な人は、いません!!
 
でも、失敗しないための
努力は無限にできます!!

 
◇まとめ

人は一人では生きていけれません。
 
「家族」も立派な【組織】です。
 
個人を責めず、
システムを責める。
  
いつも言葉にすると、本質はシンプルです。
 
 
後は、
 
 やる
 
  とにかくやる
 
   やりきる
 
是非、実践して、対話して、
 
より、美しい人生を企てていってくださいm(__)m
 
すべての人々のハッピーのために。 
 

 

****
 
ILPTは、腰痛を切り口に
「自分との対話」を深めていくことで、
一人でも多くの方が、
 
・より幸福を感じて 
 
・より快適に過ごせる
 
ことをサポートしていきます。
 

ILPTは、
「複合的腰痛アプローチ」を改名し
 
「対話的腰痛アプローチ」
Interactive Low back Pain Technology(ILPT)
 として
 
相手の価値観に基づく、
対話的アプローチを
より深めていきたいと思います。
 
引き続き、よろしくお願い致します。

 
******************

IAIR認定アドバンスインストラクター  
対話的腰痛アプローチ 
Interactive Low back Pain Technology(ILPT) 
主宰 赤羽秀徳
  
******************