―●○ILPT主宰 赤羽秀徳 のコラム○●―
 
先日次の言葉に出合いました。
 
============ 
 
「伸びる人は、

すべてに感謝する

楽する人は

すべてを〇〇にする」
 
   by 福島正伸
 
============
 
(ILPTのFBページに参加されている方は、
すでにご覧いただいているかと思いますが。)
 

 
・ 
 

 
すでにご覧頂いた方は、復習ですが、
〇〇に入るのは、どんな漢字でしたでしょうか?
 

 

 

 
そうですね!
 

 

 
・ 
 
不満 でしたね。( です。)
 

 
・ 
 

 
選択理論心理学では、
不満を感じると
 
 批判する
 
 責める
 
 文句を言う
 
 
 ガミガミ言う
 
 脅す
 
 罰する
 
 
 褒美でつる
 
 
というようなことをしてしまうことが
多いとされています。
 
再度、
 
============ 
 
「伸びる人は、

すべてに感謝する

楽する人は

すべてを不満にする」
 
   by 福島正伸
 
============
 
という言葉から考えると、
 
それでは、
 
【楽をしている】
ことになるとのこと。
 
そして、
 
このような対応をしていると
 
 【人間関係が破壊】
 
されていくと
選択理論心理学提唱者
ウイリアムグラッサー博士は
多くの書籍で述べています。
 

 
・ 
 

 
皆さんは、いかがですか?
 

 
・ 
 

 
不満を感じた時に
すぐに、
感謝することって
できそうですか?
 
もし、できればいいのですが、
もし、より改善したいと思うようでしたら、
もう少し別の方法も考えてみませんか?
 

 


◇不満を感じたとき誰に注目?


 
まず、確認したいことがあります。
 
あなたは、不満を感じたこと を
 
ある人にお話しするとしたら
「不満を感じた相手」のことを話しますか?
 
それとも
 
「不満を感じたときの自分」のことを話しますか?
 

 

 

 
不満を感じた相手
 
 か
 
不満を感じたときの自分
 
 か
 
・ 

 

 

 
いかがでしょうか?
 

 

 

 
理想的には、
 

 

 
・ 
 
不満を感じたときの自分
に注目していただくと
よいと思っています。
(もちろん、例外もありますが)
 

 

 

 
その中で、
一番確認したいことは、

 ●自分が望んでいること
 
 ●自分が相手に伝えたいこと
 
など、「自分の願望」。
 
ではないでしょうか?
 

◇不満を感じた時の「願望」の伝え方 ~しないプラン~


 
そして、
 
その「自分の願望」を
どんな方法で伝えるかが
ポイントになってきます。
 
不満を感じながらだと
 
 批判 を
 
代表とする
 
「人間関係を破壊する七つの習慣」
 
 批判する
 
 責める
 
 文句を言う
 
 ガミガミ言う
 
 脅す
 
 罰する
 
 褒美でつる
 

 
使いやすいですね。
 
その結果、
 
相手との人間関係は
破壊されていきますので、
関係が悪化し、伝えたいことも
適切に伝わりにくくなるでしょう。
 
なので、
 
中止するプランとしては、
(代表として)
 
「批判はしない」
 
という決意が効果的では
ないでしょうか。


 
◇不満を感じた時の「願望」の伝え方 ~するプラン~


 
では、
 
不満を感じた時の「願望」の伝え方として、
 
 ~するプラン~
 
を見ていきましょう!
 
すでに、ILPTアドバンスを受講されている方は、
スッと答えがでてくると思います。
 

 
・ 
 
・ 
 
いかがでしょうか?
 

 
・ 
 
・ 
 
思い出しましたか?
 

 

 

 
それは!
 

 
・ 
 

 
「相手を尊敬すること」
 
でしたね。(です。)
 

 
・ 
 

 
しかし、
 
これも、いきなりは難しいという
声が聞こえてきそうなので、
ちょっとハードルを下げると
 

 

 
・ 
 
大切な心構えが出てきます。
 

 
・ 
 

 
それは!
 

 

 

 
「感謝のこころ」を持つこと
でしたね。(です。)
 

 

 

 
尊敬は、感謝の心があるからこそ、
できることとされています。
 

 
・ 

・ 

不満を感じた時にも感謝。
 
いつも、
 
「感謝というフィルター」を
とうして世界を見ている
感じでしょうか。
 

 

 

 
再度初め言葉に戻りましょう!
 
============ 
 
「伸びる人は、

すべてに感謝する

楽する人は

すべてを不満にする」
 
   by 福島正伸
 
============
 
いかがでしょうか? 
 

 

 

 
スティーブン・コヴィーは、

「問題点が自分以外にあると考えるのなら、その考えこそが問題だ」
 
ともいっています。。。
 

 
◇まとめ
 


 
日常生活や、仕事上で不満を感じることは
誰にでも普通に起きることでしょう。

 
しかし、
 
その頻度 や
 
その程度 は、
 
セリフコントロールできそうですね。
 
その秘訣は、
 
 ・不満感じたときに、
 
   他人、環境に注目し他責となり
 
   批判的になるか
 
 
 ・不満を感じたときに、
 
   自分の願望を確認し
 
   感謝の気持ちで言葉を発するか
 
をセルフコントロールしていくことかと思います。
 

不満を感じたとき、
 
それを解消しようと、
安易に批判という
手段をとることは、
 
人間関係が破壊され
より問題が大きくなって
しまうこともあるでしょう!
 

そうならないために、
 
いつも
感謝の気持ちを忘れずに、そして、
感謝というフィルターを意識し
過ごしていきたいですね。

ひととしての成長のためにも。

参考文献:「ラジオ!幸せを育む素敵な人間関係」
宇都宮 民・愛媛選択理論研究会 著 

 
****
 
ILPTは、腰痛を切り口に
「自分との対話」を深めていくことで、
一人でも多くの方が、
 
・より幸福を感じて 
 
・より快適に過ごせる
 
ことをサポートしていきます。
 

ILPTは、
「複合的腰痛アプローチ」を改名し
 
「対話的腰痛アプローチ」
Interactive Low back Pain Technology(ILPT)
 として
 
相手の価値観に基づく、
対話的アプローチを
より深めていきたいと思います。
 
引き続き、よろしくお願い致します。

すべての人々のハッピーのために。 

 
******************

IAIR認定アドバンスインストラクター  
対話的腰痛アプローチ 
Interactive Low back Pain Technology(ILPT) 
主宰 赤羽秀徳
  
******************
 
 
対話的腰痛アプローチ
ILPTベーシック&アドバンスでは、より詳細にお伝えしております