突然ですが、
質問です。
 
「自己肯定感を高めるために、していることはありますか?」
 

 

 

 
日々心がけていること、など
 

 

 

 
似ていますが、もう一度質問です。
 
・ 
 

 

「自己肯定感を高めるために、
 自分と約束していることはありますか?」
 

 

 
自己肯定感。


 

 

 
心身の健康、幸福感、
そして、腰痛の対処としても
大切な鍵になってきます。
 

 

 
ということで、
今回は、【自己肯定感】について
振り返っていきましょう。

◇自己肯定感の定義とポイント


 
まずは、「自己肯定感」とは、何?
ということを確認しておきましょう。
 
いろいろな定義がありますが、Wikipediaでは、
 
「自らの在り方を積極的に評価できる感情、
自らの価値や存在意義を肯定できる感情
などを意味する言葉」
 
という説明が載っています。
 

 


 
なるほど。。
 
当たり前ですが、
自己肯定感は、
 
【感情】です。
 
感情は、
自分で直接は、コントロールできま…
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
せんね。
 
では、どうやってコントロールするかというと

 〇〇
 
 と
 
 〇〇
 
を自分がコントロールすることで変わるものです(でした)
 

 

 

 
その二つは、
 
 行為
 
 と
 
 思考
 
です(でした)
 
 *参考記事:【ILPT便り】第103回『 行動を四つの要素で考えてますか? 』   
 
 
一番最初した質問を
もう一度見てみましょう!
 
「自己肯定感を高めるために、していることはありますか?」
 
と質問しています。
 
つまり、「していること」を聞いています。
 
それは、広く捉えていただくこと
 
===============
 
~~という行為を日々している(行為)

~~という考え方をするようにしている(思考)
  
===============
 

を確認している質問になります。
 

ということで、
 
自己肯定感は、“感情”であり
それは、行為・思考の結果、
間接的に本人が感じられるもの
 
ということですね。

 
 
◇自己肯定感の高め方は、人それぞれ

 
 
「自己肯定感を高めるために、していることはありますか?」
 
の答えは、きっと人それぞれだと思います。
 
日課にしていることや
趣味が人によって
異なるように
 
当たり前ではありますが、
「自己肯定感」の高め方は人それぞれ。
 
だから・・・
 
もし、
人から自己肯定感のことで
相談を受けた時には、自分が
取り組んでいることを紹介しても
そのままその人に適応になる方は
その人次第!
 
ということになります。
 
しかし・・・
 
いろいろな人の
自己肯定感の高め方を聞いていくと、
あるいは、書籍で読んだりすると
参考にはなります。
 
見方が広がるでしょう!
 
選択肢が広がるでしょう。
 
大切のなのでは、
自分の「あり方」「価値観」から
判断し自分が決定するということ。
 
誰かに言われて
取り入れるのではない!
ということです。
 

◇自己肯定感の高める方法を知るヒントになるのは?


 
前述のように、
自己肯定感の高め方は、
人それぞれですが、
その参考になるのが、
 
選択理論心理学の中の
 
【五つの基本的欲求】という概念。

 
これは、シンプルですが、
人の行動を理解するときには、
絶対外せない概念なので、
確認しておきましょう。
 
人は、
この五つの基本的欲求を満たして、
良い気分(幸せ)を感じるために
行動しているとされています(いましたね) 

では、
 
<5つの基本的欲求>は、
 

 

 
・ 
 

 

 

 

 
(すでに、ILPTアドバンスを受講している方は、
この先をみず、復習タイムです!)
 

 
・ 
 

 
では、確認していきましょう!!

<5つの基本的欲求>は、

===============
 
1.生存の欲求:
 
   ⇒ 食べたい、寝たい、休みたい 
 
2.愛・所属の欲求:
 
    ⇒ 愛し愛されたい、仲間の一員でいたい 
 
3.力(承認)の欲求:
  
   ⇒ 認められたい、達成したい、人の役に立ちたい
 
4.自由の欲求:
 
   ⇒ 自分のことは自分で決めたい、強制されたくない
 
5.楽しみの欲求:
 
  ⇒ 自分の好むことをした、楽しみたい
 
===============
 
の五つ。
 
本当にシンプルだと思いませんか?
 

そして、この五つの欲求の強さが
人によってそれぞれ異なっています。
 
一緒にいてあまり交渉しなくても
上手くいく関係は、この欲求の強さが
ほぼ同じでしょう!
 
逆に、 
 
いつも意見の衝突が起きやすい場合は、
欲求の強さが大きく異なっていることが
考えられますので、交渉がより必要になって
くるといわれています。
 
・ 
 

 
この五つの基本的欲求の強さの個人差が
自己肯定感を高める方法の個人差にも
繋がっていくと考えられます。
 

だから、
他人の情報は参考にはなりますが、
最終的には、動機に見合ったものかどうか
本人が選択して自己決定していことが
肝要だと言えるでしょう。
 


◇みんな違っていい

 
 
自己肯定感は、感情です。
 
直接コントロールして高めることはできません。
 
何か行為したり、考え方を直接コントロールして
高めていくものです。
 
是非、充実感、幸福感が
感じられるときにこそ、

自分のパターンをリスト化し、
必要を感じたときには、

すぐに、行為、思考できる
準備をしておいていただくと
効果的かと思います。
 
今回の情報が、
誰かの支援にも役立つと幸いです。
 

すべての人々のハッピーのために。 
 
引用文献:「ラジオ!幸せを育む素敵な人間関係」
宇都宮 民・愛媛選択理論研究会 著 より
  
 
******************

IAIR認定アドバンスインストラクター  
複合的腰痛アプローチ 
Integrated Low back Pain Technology(ILPT) 
主宰 赤羽秀徳
  
******************
 
 
複合的・対話的腰痛アプローチ
ILPTベーシック&アドバンスでは、より詳細にお伝えしております↓
 
https://iairjapan.jp/backpain