―●○ILPT主宰 赤羽秀徳 のコラム○●―
 
先日、過去の手帳を整理をしているときに、
約25年前の、自分のメモを見つけました!
 
その当時、自分が気になった言葉が
いくつか書かれていました。
 
それは、
 
 【叱る】
 
ことについてでした。
 

 

その言葉は、
 
==========

叱られる人は、伸びる時であり、
 
 叱る人は、〇〇の時である」

 
==========
 
という言葉でした!
 

 

 
さて、今のあなたなら
〇○に何を入れますか?
 

 

 
いかがでしょうか?
 

 

ということで、
今回は、【叱る】について
振り返っていきましょう。
 

叱るについての
見方が変わると人生にも良い
影響があるなと実感しています。
 

◇誰かを叱ったあとにすべき事は?


 
さて、
 
先ほどの言葉、
 
==========
 
「叱られる人は、伸びる時であり、
  
 叱る人は、〇〇の時である」

  
==========
 
の、〇〇はいかがでしょうか?
 

 

 

 
答えは、
 

 

 

 
 【 反省 】
 
・ 
 

 
・ 
 です。

これは、一例であり
すべてではないとは思いますが、
私の手帳に書いてあった言葉は

「叱る人は、反省の時である」
 
と書かれていました。
 

 

 

 
 
ちょっと振り返ってみていかがですか?
 
最近、誰かを叱ったことありますか?
 
そして、
 
その後、何をしたか覚えていますか?
 

 

 

 
いつもお伝えしていることではありますが、
 
温かな人間関係を大切にしていくのであれば、
 
 7つある【止めたい習慣】の中に、

  「批判すること」
 
 がありました。
 
そして、
 
 7つある【身に付けたい習慣】の中に
 
  尊敬する
 
 がありました。
 

 

 
もし、
叱ったとしたら、
その相手を批判していなかったですか?
 

もし、
叱ったとしたら、

人格を尊敬していること意識しながら
相手が行った、
事、意見、などを
 
人格とは区別して
叱ることができましたか?
 

 

 
反省 っていろいろな観点から
できると思いますが、 
 
 批判
 
 尊敬
 
というキーワードも
役に立つかと思います。
 


◇叱られること


 
ところで、
 
叱られることは好きですか?
 

 

 
私は、今まで
あまり「叱られたくない」と
思って過ごしてきました。
 
あなたは、いかがですか?
 

 

 

 
先日、私が20年以上お世話になっている
M先生の一言で、その考えが大きく変わりました。
 
その先生が私に発した一言とは、
 
「間違っていたら、叱って下さいね!」
 
というものでした。
 
そういわれた時は、さほど
深くは考えませんでしたが、
 
後から、じっくり考えてみて
「叱られるのもいいかも」
と。
 

そして、今回の
 
==========
 
「叱られる人は、伸びる時であり、
  
 叱る人は、〇〇の時である」
  
==========
 
という言葉と合わせ考えてみると、 
 
【叱られるのは、伸びる時】
 
と言えるので、
「叱られたくない」という思いは、
随分なくなってきました。
 

 

 
但し、
 
自分がミスをしたり、
迷惑をかけているのであれば、
 
反省すべきこと、改善すべきことを
明確にし、次には、
同じことをしないようにするのは、
当然必要なことですよね。


  
◇叱ってくれるひと


 
あなたには、親身になって
「叱ってくれる人」がいますか? 
 
あなた自身は、
叱ってほしいですか?
 
あなたが、叱ったときは、
そのあと、何を反省してますか?
 

 

 

 
今回は、
 
叱られた時、
 
叱る時、
 
 その時の行動、
 
 あるいは、
 
 その後の行動を
 
改めて振り返ってみました。
 
 叱る 
 
を、より良い人間関係のために
活かしていきたいと思いませんか?
 
すべての人々のハッピーのために。 
  

******************

IAIR認定アドバンスインストラクター  
複合的腰痛アプローチ 
IAIR Low back Pain Technology(ILPT) 
主宰 赤羽秀徳
  
******************
 


追伸:

 叱ることで得ようとしている本来の目的が、叱る以外の方法で得られないか、ということも常に考えていきましょう!
 
 
複合的・対話的腰痛アプローチ
ILPTベーシック&アドバンスでは、より詳細にお伝えしております↓
 
https://iairjapan.jp/backpain