感情コントロール

長引く痛みの訴えにイラッとしたことありませんか?
 
徒手的な介入をして可動性も向上し、動作も滑らかになっているので、
 
ご本人に確認すると、
「まだ痛みがあります!」
「少しは、痛みは減ってはいるけど……」
 
とのいう返答。
 
 ・
 
 ・
 
こんな時に、 ついつい感情的になって
 
「随分動きが良くなっているじゃないですか!」
「心の問題もありそうですね!」
 
と言ってしまったこと
 
あるいは、
 
そのようなことを言いそうになってしまったことがあるかもしれません。
 

できれば、感情的な言葉は、相手には、伝えないほうがいいですよね。

そんな時に役立つ、心構えを3つ紹介します!

続きは、こちらからお願いします↓

>>>https://iairjapan.jp/archives/35808