・原因がはっきりしない腰痛の対応
・長引く腰痛の評価、治療の組み立て方
・腰痛を訴える方とのコミュニケーション
 
 このようなことでのお悩みではありませんか?
 
  ・
 
  ・
 
  ・
 
このようなことにも 自信を持って対応できる
ようになるのは、理想のことだと思います。
 
前回のコラム
 
慢性腰痛を活かす!プロセスラーニングとは?
では、

腰痛の改善法において、

・痛みの「解消」にフォーカスするか?
・痛みの「プロセス」にフォーカスするか?
 
の違いについてお伝えしました。
 
今回は、前回の内容の補足として、
もう一点、慢性腰痛の改善のヒントとなる関わり方のコツについて
 
“こだわり”をキーワードに一緒に考えてみましょう!