ILPTベーシックや
ILPTアドバンスのワークの中で、
次のようなことが時々あります。
 

 


 
「では、“アドバイス”はしないようにして
 “質問”をして、ロールプレイをしてみましょう!」

 
と確認してから
数分のロールプレイをした後、
振り返って頂くと、
 
参加者が、
「あれ!!
 “アドバイス”してしまいましたね」

 
と  
  
  
気づく。
  
 

 

 
自分では、していないつもりでも
振り返ってみると、
したくないと思っていたこを
してしまっていること。
 
そんな経験ありませんか?

 

 

 

 
ILPTベーシックでもお伝えしていきますが、
相手がもっている答えを知るために、

質問し傾聴しながら答えを見出していくことが
理想とされております。
 
 
“アドバイス”についての深い学びは、
ILPTアドバンスでも行っておりますが、
 
今回は、
いままで、ILPTアドバンスでも
お伝えしていなかった

 
“アドバイス”の弊害・危険性
 
について、改めて考えていきたいと思います。
 

◇アドバイスは、「〇○」と受け取られる危険がある!


 
早速結論からです。
 
 
ずばり、結論は、
 
 
“アドバイス”は、
 
 【批判】と
 
受け取られる危険がある!

 

ということです。
 
 
当然、全ての場合ではありませんが、
相手との信頼関係が十分に
形成されていない状況では、
その危険がより大きくなる
と感じています。
 

 

 

アドバイスをする時の注意としては、 
 
相手がNOと言える雰囲気をつくることが
大切だといわれています。

 

その雰囲気が無いと
 
「私がが正しくて
 あなたのやり方は間違っているから
 私の提案する方法をやりなさい!」
 
というように
 
批判の要素を含んで
受けとられてしまう
危険があるでしょう。
 

◇ 人間関係を壊す七つの習慣


 
すでに、ILPTアドバンス受けた方は、
復習ですが、
 
選択理論心理学の
「人間関係を壊す七つの習慣」には、
 
・批判する
 
・責める
 
・罰する
 
・文句を言う
 
・ガミガミ言う
 
・脅す
 
・褒美で釣る
 
がありました(あります)
 

これらのことをしていると
人間関係が破壊されていく
というものです。
 
この中にある
 
【批判する】
 
 は、
 
7つの習慣のなかでも
特に意識して注意することが
必要とされています。
 

◇使ってしまうこともあると思いますが


 
先の例のように
 
アドバイスをしようとは
思ったいなくても
 
気づいたら 
 
している!
 
ということもあるかと思います。
 
 
大切なことは、
自分の一言一言に 気づける こと
 
 
そのために、
ロールプレイ練習を通して
 
あるいは、
 
日々の生活の中で
ゆとりを持ち
自分と対話できる時間
確保することが理想
ではないかと思います。
 
一番大切な自分
 
その自分との対話の
時間を作り
自分を大切にする時間
を作っていくことで、
 
“気づける自分”
なっていくと感じます。
 

 
◇まとめ


 
“アドバイス”の背後には、
 
 批判
 
というメッセージが含めれて
しまう危険がある
ことをお伝えしてきました。
 

何気ない一言で
相手が不快に感じてしまうのは
避けたいですよね。
 

今の自分が
 
 アドバイスしているのか?
 
 質問しているのか?
 
 情報提供しているのか?

 
その三つの観点を
吟味しながら
コミュニケーションを
とって頂くと
 
不必要な痛みを伴うことが
減らせると思います。
 
 
是非。 
すべての人々のハッピーのために。 
  

引用文献:「ラジオ!幸せを育む素敵な人間関係」
宇都宮 民・愛媛選択理論研究会 著 より
 
 
******************

IAIR認定アドバンスインストラクター  
複合的腰痛アプローチ 
IAIR Low back Pain Technology(ILPT) 
主宰 赤羽秀徳
  
******************
 
追伸:

 今のあなたは、
 「自分との対話」の時間、
 一日どのくらいありそうですか?

 
 
複合的・対話的腰痛アプローチ
ILPTベーシック&アドバンスでは、より詳細にお伝えしております↓
 
https://iairjapan.jp/backpain