【3.6倍のリスク】

ぎっくり腰などの急性腰痛の方に活動に対するアドバイスが異なるだけで、1年後のぎっくり腰の発症率が
 
【3.6倍】上がるという報告があります。


 
医療従事者からの説明で、患者さんの人生が変わります!

一言一言、慎重に丁寧に発していきたいですね。

患者さんの思考パターンも配慮しながら。。。

>>>続きは、こちらからお願いしますm(__)m