こんな経験はありませんか?
 

 

 

 

「折角、頑張ってきたのに、結果が出せなかった」
 
「折角、〇○のために食事を準備したのに、・・・」
 
「折角、一所懸命練習してきたのに、本番前に体調を崩してしまった」
 

など
 

 

 
一言でいうと、
 
<努力が報われなかった>
 
ということですね。
 

 

 
いかがですか?

 
そんな経験、最近ありますか?
 

 

 
あるいは、過去を振り返ってみて、
そんな経験、思い出しますか?
 

 

 
「折角、努力してきたのに、報われないとき」
 
そのようなときに、
【どのように対応していこう!】と
決めていることはありますか?
 

 


 
◇努力が報われないときに思い出す言葉


 
私が、
努力が報われないときに思い出す
好きな言葉があります。
 

 

 
それは、

 
【誰でも、自分に負けるもの。
 
 でも、負けない努力は無限にできる】
 

 

 
鍵となるシンプルな言葉は、
 
 
【努力】
 
です。
 
【努力は、無限にできる】
 
というところが、私は響きした。
 

 

 
 


◇プロセス と 結果 どっちに注目


 
あることを達成しようとした時、
そこに向けて、努力する期間があり
そして、その結果がでます。
 

努力は、プロセス、です。
 

シンプルな質問ですが、
ここで、
自分が直接変えられるも?
 

 
直接変えられないも?
 

 
 
を考えてみると。
  

 

 

 

 
そうですね。
 
 

 

 
プロセスは、直接変えられますね。
 
【努力は無限】にできます。
 

 

 
でも、
 
結果は、直接は変えれませんね。
 

 

 
スポーツであれば、何位になるかは、
相手しだいで変わります。
  
就職試験であれば、希望の就職先に
合格するか否かは、
相手の判断によります。
 

◇努力が報われなかったときにこそ


 
私は、努力が報われなかったときに
 
先ほどの、言葉を思い出し、
そして、考えることがあります。
 
それは、・・・
 
★この経験で得られたことは何か? 

★ここまでのプロセス・努力で得られたことは何か?
 
★今、この状況で、自分にしてあげられることは何か?
 など
 

 

 
この結果は、望んでいなかったこと
 
この結果は、経験したくなかったこと
 
でも、・・・
 
それが、得難い経験になったことって
ありませんか?
 

今まで、ある競技でずっと 
優勝してきて、決勝戦で
負けてしまって、準優勝に。
 
でも、
 
準優勝して、気づいたことがあるかもしれません。
 
準優勝して、負けた人の気持ちを
初めて実感できたかもしれません。
 
今後の人生にとっては、
得難い経験になったかもしれません。

 
そこまでの、プロセスは、
優勝を目指していた。
 
はじめから、準優勝をめざしていたわけではないですよね。
 
だって、・・・
 
準優勝を、目指していたら、
優勝を目指す姿勢よりは、
きっと、
 
怠けるでしょうから。
 
そして、
それは、「本当の自分」が望んできることではないから。


 
◇いつでも、今が最幸の人生を


 
人は、いつでも努力が報われるわけでないですね。
 
当たり前ですが。
 
でも、自分が欲しい結果に向かって、
【努力】することはできます。
 
その努力のプロセスを
どれだけ、真剣に、忠実に自分との約束を
守れるか。。
 
これが、成長の鍵になると思っています。
 
そんな努力をしたのであれば、
どんな結果になったとしても、
 
自分が納得できる【成果】が
得られるでしょう。
 
その成果は、
 
・その時、すぐに気づけるもの
・後から気づくものもあるでしょう。
 
だから、
  
いつでも今が最幸の人生を、忠実に歩んでいきたいと思っています。
  
すべての人々のハッピーのために。 

 
******************

IAIR認定アドバンスインストラクター  
複合的腰痛アプローチ 
IAIR Low back Pain Technology(ILPT) 
主宰 赤羽秀徳
  
******************
 


追伸:

 ILPTセミナーでもお伝えしておりますが、
 学生のころから、沢山の怪我をしてきました。
 
 その経験談は、これまで多くの方の診方に役立ち
 支えにもなってきました。
 
 喜んで怪我をしてきたわけではないですが。

 
複合的・対話的腰痛アプローチ
ILPTベーシック&アドバンスでは、より詳細にお伝えしております↓

 
https://iairjapan.jp/backpain