休み方

こんにちは!赤羽秀徳です。

お元気ですか?

今度の休日は、どんな予定が入っていますか?

すぐに、予定が思い出せますか?

思い出せればOK

いつでも、予定がスラスラと
思い出せることが理想だといわれています。

「〇〇セミナーの参加」などの予定は、
わかりやすいですよね。

それ以外の
休日はいかがでしょうか?

今日は、そんな休日の過ごし方について
考えていきましょう。

なぜなら、休の日過ごし方で、
翌日からの仕事のはかどり方や、
モチベーションに大きな差が
生まれますので…。

◇休日の計画を真剣に考えていますか?

あなたは、
休日にやることを
いつ計画しますか?

・前もって計画しますか?

・当日の朝、考えますか?

「セミナー参加」など、
わかりやすい予定以外で
考えてみましょう。

「前もって計画しない」
という方の場合、
起床後にその日の予定を
考えているうちに
1,2時間経過してしまい、

「あ~もうこんな時間になってしまった!」

という経験はありませんか?

もし、そうであれば、
チャンスです。

今がチャンスです。

これから、変えていけばいいのですから。。

 

◇なんとなく過ごす休日にも充実感を出せる

 

誰でも、

「だらっと寝て過ごしたい!」

「ゲームをして、のんびり過ごしたい!」

という休日もあると思います。

・テレビをつけて何となくみる

・何となく買い物に出かける

・何となく外食をしてみる

・何となく散歩してみる

など。

そのような、

なんとなく過ごす休日も

「“何となく過ごす” ということをする!」

という計画にするのは、
いかがでしょうか?

同じ様に時間を使ったとしても、
後から振り返った時の
充実感がきっと変わるでしょう!

前日までに、
その計画を立てておくとよいでしょう。

 

◇5つの基本的欲求から休日を考える

 

以前、

【ILPT便り】第123回で、

『 “仕事でエネルギチャージ”って興味ありますか?』

というメルマガで
「仕事で欲求充足」ということに
ついて書きましたが、

それと同じように、

休日には、

5つの基本的欲求

・生存の欲求

・自由の欲求

・楽しみの欲求 

・力の欲求

・愛所属の欲求

の、どれを満たすのかを、
事前にしっかり考えると
充実しやすくなるでしょう。

前述の

・「セミナー参加」は、大変わかりやすいですが

その他、

・旅行

・友人に会う

・趣味の時間に使う

など、

どの欲求を満たすための取組なのか
改めて考えると自分の振り返りにも
なります。

大切なことは、

「これがやりたい!」

「これをやってみよう!」

「ここに行きたい!」

など、

積極的な気持ちで
休日の計画を立てる
ことだといわれています。

 

◇休日を二人で過ごすときのポイント

 

二人で過ごす場合には、
ちょっと注意が必要な場合もあります。

例えば、
「自由の欲求」を満たしたい。

つまり、
今日は一人で自由な時間を
過ごしたいと思っているのに、

パートナーのやりたいことで、
自分にあまり決定権がない時間の
過ごし方をしていると

イライラの元になりますので
ご注意下さい。

二人で休日を過ごすときには、
自分の想いをしっかり相手に説明し、
お互いが納得できる計画に調整する
ことが肝要ですね。

例えば・・・

午前中は、一緒に過ごすけど、
午後は、それぞれ別々のことをする

という計画を立てるなど。

イライラするのは、
相手の行動の理由が
わからないからです。

行動の目的、理由がわかると
不必要なイライラは、
あまり生じないでしょう!

 

◇真剣に休日の計画を!

 

・一人で過ごす休日

・パートナーと過ごす休日

きちんと計画を立てて
休日を迎えることで、
エネルギーチャージが出来て

翌日からの仕事も
やる気が倍増すると思います。

シンプルですが、

「真剣に休日の計画」

立ててみませんか?

すべての人々のハッピーのために。

 

***

IAIR認定アドバンスインストラクター
複合的腰痛アプローチ
IAIR Low back Pain Technology(ILPT)
主宰 赤羽秀徳

 

***

 

追伸:

カレンダーは、日曜日から始まります。

ます、エネルギーをチャージから。