自分

先日、お会いした方。

お会いして5秒後に次のような発言がありました。

「男性も日傘を差したいですね!」

かなり本気でそれを望んでいるようでした。

酷暑の中、10分ほど日向を歩いて来た後にお会いしたので、
かなり全身汗だくの状態でした。

【本当は、日傘を差したい】

しかし

【差していない】

あなたは、いかがでしょうか?

「暑い日差しのもとで歩いていて、
日傘が差せたら嬉しいのにな~~」

って思ったことはありますか?

私は、あります!!

そして、

その違いを“感じて”みました!!

日傘を差すのと差さないのでは、
顔や上半身が感じる熱が体感で5倍ほど違いました。

驚くほど。

 

◇日傘を差さない理由は?

 

では、なぜ、
先ほどの男性は、日傘を差さなかったのでしょうか?

その答えは、男性がおっしゃっておりました。

「まだ差している人がいないから」

つまり、「普通」になっていないから
抵抗があるということですよね。

普通

になっていないから
恐れもあるでしょう。

そして、

普通

になっていないから、
<自分なりの条件>を設けて
あきらめているでしょう。

抵抗 や 恐れ は、

「恥ずかしい」 とか

「嫌われるのではないか」

などの思考から生まれるかと思います。

その時には、

「自分はどうしたいか?」

ということは、だんだん考えなくなってしまうかもしれません。

つまり、

<条件をつけたり>など言い訳をし始めて、
焦点は、自分以外のところに向いている状態でしょう。

では、

条件を設けている、ということを
人間関係でみてみましょう

 

◇人間関係で条件を設けると

 

条件を設ける癖があると

だれかとの関係が上手くいかなくなったとき、
どのような発言が多くなるでしょう?

部下との関係では、

「部下が〇〇してくれたら、・・するけど」

上司との関係では、

「上司が〇〇してくれたら、・・するけど」

などの発言が多くなると考えられます。

 

◇変えられるもの と 変えられないもの

 

そのようなときに、原点に戻りましょう!

変えられるものと変えられないもの

シンプルにいうと
変えられるのは、

・〇○

・現在

直接は、変えられないのは、

・他人

・環境

・過去

とされています。

初めの〇○に入るのは、

・自分

ですね。

ということで、

変えられるものに焦点を当てて、
きちんと責任もって舵をとっていきたいですね。

 

◇どんな「関係」を作りたいか?

 

そう考えると、

「部下が〇〇してくれたら、」

ではなくて

「自分はどうしたいか?」

↓つまり

「自分は、部下とどんな人間関係をつくりたいか?」

「上司が〇〇してくれたら、」

ではなくて

「自分はどうしたいか?」

↓つまり

「自分は、上司とどんな人間関係をつくりたいか?」

さらに、職場で考えると

「職場が〇○だから、(否定的な感じ)」

ではなくて

「自分はどうしたいか?」

↓つまり

「自分は、どんな職場にしたい」

以上のように
考えていくと、

変えられるものに焦点をあてた
考え方になりますね。

ちょっと補足すると

「他人」は変わりませんが、

「関係」は変わります。

いつも問題になるのは、

「他人」ではなくて

その人との

「関係」です。

もう一度。

「他人」ではなくて

その人との

「関係」です。

ついつい忘れてしまうこともあるかもしれませんので、
補足でした。

 

 

◇自分らしく生きるために

 

日傘を差したいか?

差したくないか?

本当は自分はどうしたか?

いつも、いつも、
自分に聞いてあげることで

表面的なところから出てくる“浅い願い”

ではなく、

“心の奥底”で感じる「本当の願い」に
気づけると思います。

そして・・・

その質問をし、答えを導き出すプロセスから、

患者さん、利用者さん自身が「本当の願い」に気づく支援のヒントが得られると思います。

痛みをとりたい、

動けるようになりたい

「でも、・・・がね」

何かに恐れたり、

条件をつけてくるような言い訳をされたときでも、

その方が、「本当の願い」に気づくと
行動が飛躍的に変わることが期待できます。

 

自分

「あなたは、本当はどうしたいですすか?」

すべての人々のハッピーのために。

 

****

IAIR認定アドバンスインストラクター
複合的腰痛アプローチ
IAIR Low back Pain Technology(ILPT)
主宰 赤羽秀徳

****

 

追伸:

 

「・・・があったら、幸せ」

「・・・が無くても、幸せ」

どっちの口癖の人と関わり続けたいですか?