我慢

–●○ ILPT主宰 赤羽秀徳  ○●–

次のような「我慢」の経験はありますか?

・・

・・

「本当は、遊びたいのに、
 遊ぶのを我慢して勉強しなきゃ!」

「本当は、もっと食べたいのに、
 食べるのを我慢しなきゃ!」

「本当はいいたことがあるのに
 なんで、私ばっかり我慢しなきゃいけないの!」

など、

私たちが、生活していると様々な場面で、
我慢をすることがありまるかと思います。

さて、今回は、「我慢」について考えていきたいと思いますが、
我慢に似た言葉で、すぐに思いつくのは、

・・

・・

〇○(漢字二文字で)

・・

・・

そう、

「忍耐」

というわけで、

「我慢」と「忍耐」の違いについて改めて、
学びを深めてみましょう!

 

◇我慢と忍耐の定義

 

我慢、忍耐 って改めて調べたことありますか?

いろいろなところで調べられますが、

ウィキペディアによると、

我慢は、

強い自己意識から起こす慢心のこと。

我が身をのみ頼みて人を侮るような心を指す。

とされています。

一方、

忍耐は、

苦しさ、辛さ、悲しさなどを耐え忍ぶこと。

例えば、自分に不都合なことなどをひとにされても、
暴力的な仕返しをしたり、現実逃避したりしないなど。

とされています。

 

勝手に、シンプルにすると

我慢は、人を侮る心 

忍耐は、今を受容し、耐え忍ぶ

という感じでしょうか。

 

◇騒音へのイライラの経験

 

先日次のようなことがありました。

ある夜、ふと気づくと、街全体に響き渡る

「ぼ~~~~~~~~」

「が~~~~~~~~」

を足した2で割ったような
大きな騒音に気づきました。

一度気になりだすと、
正直、イラッとし始めて、

「一体この音は、どこから発せられているんだろう?」

「何の音なんだろう?」

「誰か文句言いに行かないのだろうか?」

一週間経過
現状変わらず

「私が、区役所に電話してみようか!」

「よし、明日電話する」

と思った翌日、
駅から自宅に向かって歩いていると、
その音源を発見しました!

それは、ある飲食店の大きな排気システムの
故障によるものでした。

そして、

私が目にしたものは、お詫びの張り紙でした。

「排気システムの故障により騒音が発生し、ご迷惑をおかけしております。

現在、修理の依頼をしております・・・」

という内容でした。

 

◇理由を知って、「我慢」が「忍耐」に変わった

 

騒音が聞こえ始め、
その騒音がなぜ長期間、鳴り響いているのか?

その「理由」がわかるまでは、
その騒音を「我慢」していました。

「我が身をのみ頼みて人を侮るような心を指す」

の定義のように、

「自分が静かに過ごしたい!」

「早くおさまらないかな?」

と、

人を侮る 

心 

になっていました。

しかし、

その理由がわかってからは、

「苦しさ、辛さ、悲しさなどを耐え忍ぶこと。

自分に不都合なことなどをひとにされても、
暴力的な仕返しをしたり、現実逃避したりしないなど」

の定義のように、

確かに不都合な状況ではあるけれど、
現実を素直に受容し、耐え忍ぶことができるようになりました。

イラッとせず、穏やかになれたのです。

 

◇理解することの大切さ

 

この経験を人間関係で考えてみると
相手の行動の理由を理解する、知ることの
大切さを改めて感じました。

選択理論心理学での責任の概念は、

「他人の欲求充足の邪魔をしないで自分の欲求充足をする、とともに

他人の欲求充足のお手伝いをする」

そして、

人の行動は、いつでもその時は、最善の行動と、言われています。

こちらが、イラっとしたとしても、

その相手の行動の本当の理由を知ると、
受容し、耐え忍ぶことができことが多くなるのではないでしょうか?

 

◇我慢しても得られるものがある

 

我慢

 

「本当はいいたことがあるのに
なんで、私ばっかり我慢しなきゃいけないの!」

ということもあるでしょう!

でも、

“我慢することで、得られることがあるから
最善の行動として、我慢を選択してるのでしょう!”

その時、先の定義に従うと、

「忍耐」しているかもしれませんね。

ことばでは、我慢と言いながら
忍耐をしている。

温かな人間関係を築くためには、

我慢という
「我が身をのみ頼みて人を侮るような心を指す」

ではなく、

忍耐という
「自分に不都合なことなどをひとにされても、
暴力的な仕返しをしたり、現実逃避したりしないなど」

の関わりが肝要かと思います。

今回は、「我慢」と「忍耐」の定義を
私の実体験とともに考えてみました。

何か活かせそうなことはありますか?

すべての人々のハッピーのために。

***

IAIR認定アドバンスインストラクター
複合的腰痛アプローチ
IAIR Low back Pain Technology(ILPT)
主宰 赤羽秀徳

追伸:

もし、今あなたが何かを我慢しているとしたら、

我慢しても得られるものは、何ですか?

と考えると、忍耐強く今を過ごせるかもしれませんね。