やる気

こんにちは。赤羽秀徳です。

朝日が昇るのが、遅い季節になってくると
だんだん布団から出るのが恋しくなって
来ませんか?

「まだ、外が暗いから寝ていたい」

「このぬくもりが、気持ちよくて・・・」

「後、5分・・・あ!」

など。

しかし、・・・

振り返ってみると、
目覚まし時計が鳴る前に
目覚めてすっと布団から出られたり、

体が自然に動き出し、
布団から出られた、という
経験はきっとあると思います。

・・

・・

子どものころの
大好きな遠足や
旅行の日。

あるいは、

大人になってからでも
休日に大好きな趣味の
サイクリングに出かける日

など…。

 

◆環境は同じでも行動が変わる

改めて、そのように
振り返ってみると
人は、同じ環境であっても、
行動に変化がありそうですね。

その違いは、どこから来ているのでしょうか?

・・

・・

もう、お分かり方もいらっしゃると思いますが、

その違いは、

・「やりたいこと」

を考えているのか?

・「しなければならないこと」

を考えているかにより
生まれてくるでしょう。

英語でいうと

Want to

なのか

have to

なのか。

◆行動の源は?

私たちの行動は、
本来は、

Want to

から始まるといわれています。

誰かに言われて行動していることも
あるかと思いますが、
基本的には、Want to から。
(その方が、健全です)

例えば、
ご飯が目の前にあり、
食べてよい状況であれば、
自然に食べたくなり、
食べ始めるでしょう。

大切なのは、
自分の Want to を
いつもきちんと 明確 にしていくこと
ではないでしょか?

◆ 寝る前に考えると良い事

そのように考えていくと、
寝る前に明日の朝起きた時の

本当に、本当に、本当に、

Want to

のことを、思い描いてから
就寝した場合と
それをしない場合の
違いは大きいでしょう。

朝目覚めて、
寝続けるのは、
普通は気持ちよい事でしょう。

でも、それに“勝る”
Want to が なければ、
その時は、
寝ていたいという
Want to が勝ってしまうでしょう。

◆ 目的、目標の設定

朝起きたときの

Want to 。

これは、
目的や目標の設定
とも言えるでしょう。

目的、目標は、

・have to

ではなく

・Want to で設定しているでしょうから。

◆ 忘れないために

全ての人は、自分の中に
目的、目標があると思います。

でも、日々忙しく過ごしていると
ノルマをこなすことに追われて、
忘れてしまうこともあるでしょう。

寝る前に

Want to として、

自分の人生の目的、目標

・・

・・

そして、

明日の目的、目標を確認して
床に就いたら、

きっと、今までとは違った気分で
布団から起きられるのではないでしょうか?

すべての人々のハッピーのために。

IAIR認定アドバンスインストラクター
複合的腰痛アプローチ
IAIR Low back Pain Technology(ILPT)
主宰 赤羽秀徳

追伸:

起きたら、あの音楽を聞きたい
など“小さな”ことからでも変化は
起こるでしょう。