願望

こんにちは。赤羽秀徳です。

私事ですが、

最近、街で車を見ると
その車のヘッドライト
よく観察するようになりました。

半年ほど前のある日
自分の車のヘッドライトを
いつもより、丁寧に磨いた
のが きっかけ だと思います。

ヘッドライトって
同じ車でも、輝きが違ったり、
最近は、形もスリムで
かっこ良かったり、
観察していると多種多様な
ことが良く分かります。

その他、

最近急に、観察するように
なったことは、
大きな樹木の根元付近から
突然横にちょこっと出ている
小枝です。

きっかけは、
今年の春、諏訪の実家に行った時、
久しぶりに庭木を剪定したのが、
きっかけでした。

さて、
皆さんは、いかがでしょうか?

私の二つの例のようなことは
ありませんか?

今まで、気にならなかったものが
あるときから急に気になるように
なったという経験。

◆見たいたいものを見ている

私たちは、
現実の世界で起こっていることを
主として、五感を通して
インプットしていますが、

全てを知覚(認識)しているわけでは
ありませんね。

例えば、
電車や飛行機の中で、
読書をしているとき、、

熱中していると
本来聞こえているはずの
音も気づいていないと思います。

本を読み終わったときに、
突然、その大きな音が
気になるかもしれません。

あるいは、

子供が生まれて
ベビーカーを使うようになると
ベビーカーを使っている人の
多さが急に気になり始めたと
いう話も聞いたことがあります。

◆ 知覚と上質世界の関係

先ほども言いましたが、
その時、聞きたいもの、見たいもの
が聞こえたり、見えたりしている
と言えますね。

つまりは、

知覚できているのは、その時の
上質世界(願望)が反映していると
言えるでしょう。

度々登場する
「上質世界」(願望)

一度、復習しておきましょう。

上質世界(願望)は、

自分の人生をより上質に
してくれると思う

・人

・状況

・物

・信条

などでしたね。

私は、

・車のヘッドライト

・樹木の小枝

が、ある時から
上質世界(願望)に貼り付けられた
といえるでしょう。

◆ 臨床で考えると

以上のように、

「上質世界に入っているものが
知覚されやすい」

という脳の特性を考えると

臨床で、

・体の変化に気づけない方 

・情報を伝えても忘れやすい方

などは、

そもそも、

・体 のこと
 
・その 情報 のこと

などが

その方の
上質世界に入っていないので、
知覚されず、
気づかなかったり、

伝わらず、
記憶にも残りにくい

と考えると
スッキリしませんか?

単に、

「覚えておいて下さいね!」
「あとでまた確認しますから~」

などとお伝えしても
その時、そのことが、
その人の上質世界に入っていなかったら
響かないというわけです。

シンプルに言うと

その人は、その時、
そのことに、興味、関心、
が無かっただけ。。。

ということですね。

◆ やっぱり、上質世界の確認ですね!

以上のように考えると、

臨床では、
毎回の関わりの中で、
その時、その方が望んでいること
興味、関心があること

つまりは、
上質世界をきちんと確認しながら
その時間を共有していくことが
改めて、肝要ですね。
やる気の源は、上質世界 とお伝えしましたが、

気づきの源上質世界 と言えそうです。

奥が深いです。

「上質世界」(願望)

私生活、臨床で
いままで以上に意識してみては
いかがでしょうか?
すべての人々のハッピーのために。
IAIR認定アドバンスインストラクター
複合的腰痛アプローチ
IAIR Low back Pain Technology(ILPT)
主宰 赤羽秀徳

 

追伸:

コーチングでは、
ラポールの形成が大切といわれますが、

選択理論心理学で考えると、
その人の上質世界に入れてもらうこと

と言えるでしょう。

関わる人が上質世界に入っていなかったら
その人からの情報は、響かず、伝わらないでしょう。

例)好きな先生の授業は、よく覚えられる!