第123回 『 是非、お礼を述べたくて…  』

★☆ 腰痛治療 × 温かな人間関係 ☆★

こんにちは。ILPT 主宰 赤羽秀徳です。
本日もお読みいただきありがとうございます。

今回のタイトルは、

『 是非、お礼を述べたくて… 』 です。

***

私が主宰しているILPTでは、

腰痛治療を切り口に、
温かな人間関係の築き方の
コツをお伝えし、

それが、、
臨床や私生活で実践できるように
なることを支援しています。

初めに、
ILPT腰痛治療セミナーに参加していただき、

希望者は、
ILPTライセンス取得コース(メインコース)で、
より学びを深めて
実践につなげていただいています。

今回は、
そのILPTのライセンスである、
ILPTプラクティショナーを取得された
AKさんより
私宛に感謝のメールをいただきましたので、

ご本人の了解を得た上で、
以下に、紹介させていただきます。

▼▼以下AKさんより

赤羽先生

お久しぶりです。
ILPTでお世話になりましたAKです。

今年の
ILPTブラッシュアップセミナーの前に、
赤羽先生に是非

お礼を述べたくてメールしました。

私は最近、転職活動をしています。

ILPTに参加して以来、

PTとしても人間としても
相手のことを大事にするように
心がけてきました。

最近では自然体で、
すべての人が幸せになれたら、

幸せだと感じられる瞬間が
今よりも増えたらいいな、

という想いで日々を
生きていると

胸を張っていえます。

面接で、
先方に認められるようになどと考えず、
素直に自分の大切にしていきたいこと、
PTの軸を伝えたら、

ぜひ来てほしいと言ってくださる
会社が多くて自分でもびっくりしました。

ILPTに参加する前の自分とは
明らかに違うと思いました。

きっかけを与えてくださった
赤羽先生には本当に感謝感謝です。

ありがとうございました!

▲▲以上です。

AKさん
こちらこそ、
ありがとうございます。

ILPTを通して
お伝えしたいことが、
十二分に伝わっていると感じられ、
講師冥利に尽きます。

私も感謝感謝です。

***

ご本人もびっくりしていますが、

「先方に認められるようになどと考えず、
素直に自分の大切にしていきたいこと、
PTの軸を伝えたら、

ぜひ来てほしいと言ってくださる
会社が多くて自分でもびっくりしました」

の部分から、
AKさんの成長の様子と想いが、
胸に響いてきます。

それは、この箇所に、
ILPTでお伝えしている
大切な原則が3つ含まれている
からだと思います。

その3つとは、

1.相手は、変えることはできません! 

2.素直に、そして誠実に本心を伝えましょう!

3.自分という存在の境界線をはっきり持ちましょう!

の3つです。

***

度々このメルマガでも
書いていることですが、

相手は直接変えることはできません。

自分の望み通りに
相手を変えようとすると、
うまく行かないことが
多くなるでしょう。

あなたの経験では、
いかがでしょうか?

上手くいかなくなると、
なかなか素直に、本心を話せなくなり、
いやいや相手の望みにつきあうように
なってしまうことはありませか?

以前の私は、よくありました。

…。

同じ状況でも
恋愛中と結婚後では、
感情に変化があると
言われています。

恋愛中は、

頑張って相手の望みに
つき合っていくことが
多いと言われていますが、

結婚してからも、

相手の望みばかり聞いていると、
恋愛中の感情とは違って

我慢できなくなり、
イラっとしてしまうことが
あるようです。

恋愛関係のときと
結婚関係のときでは、

自分の行動を変えていかないと
上手くいかなくなって
しまうようです。

…。

では、

3.自分という存在の境界線をはっきり持ちましょう!
については、

2つ目とも関連することすが、

胸を張り、自信をもって
人に言える信念を
AKさんは、しっかり持てていたのでしょう。

「今、心に念じて、人に言えること=信念」

それが、

PTとしての
ブレない軸となり、

そんな思いが
先方に伝わり、
多くの会社から

「是非来てほしい」
と言われたのでしょう!

先方の会社からは、

「AKさんのように常に向上心を持ち、
幸せとは何かという大きな視点で
考えられる方が入職することで、

スタッフへも良い刺激となり、
必ずや当社において
必要なだと強く感じます。

是非同じ思いを共有して
一緒に働かせて頂ければと思います」

(返信文面のごく一部です)

という返信をいただけたようです。

繰り返しになりますが、
本当に講師冥利に尽きます!

今後もAKさんのように

単に、仕事としての枠にとどまらず、
関わるひとの人生、

そして、

幸せにとは何か
ということを、

それぞれの職種を通して
考えていける療法士の育成に、
全力で取り組んでいきたいと
思います。

私自身も精進を続けていきます。

最後に、このような
お礼の連絡をいただいた
AKさん、本当にありがとうございます!

私も、感謝を伝えたい人には、
きちんとお礼をしていこう!
と改めて気づかせていただきました。

国際統合リハビリテーション協会
認定アドバンスインストラクター

複合的腰痛アプローチ
IAIR Lumber back Pain Technology(ILPT)主宰

赤羽秀徳

追伸:

今の自分のままでいるのも、あなたの選択
一歩踏み出して違う道を歩むのも、あなたの選択

「変化」を望む人には、全力で支援し続けていきます。

【 複合的腰痛アプローチ ILPT腰痛治療セミナー 】

< 腰痛改善×結婚関係 > ~ 行動科学から学ぶ ~

★福岡 2017年3月5日(日)

★静岡 2017年3月20日(月・祝)

★高松 2017年4月8日(土)

★岡山 2017年4月9日(日)

★新潟 2017年5月28日(日)

★富山 2017年6月18日(日)

★札幌 2017年6月25日(日)

★東京 2017年7月2日(日)

★大阪 2017年7月16日(日)

★仙台 2017年9月3日(日)

★名古屋 2017年9月10日(日)

詳細・受付は、こちらから→ https://iair-member.jp/ilpt/html/