———●○ILPT主宰 赤羽秀徳 のコラム○●——————-

こんにちは。赤羽秀徳です。

突然ですが、質問です。

「あっ!!すみません。気づきませんでした」

という経験ありませんか?

…。

いろいろな場面が
思い浮かぶことと
思います。

☆先日、神奈川のビジネスホテルで
改めて学びとなる出来事に
遭遇しました。

そのホテルの朝食は、
和食セットか洋食セットかを
事前に申し込んでおき、

朝食会場に行き、
部屋番号をスタッフ伝えると、
順番に、スタッフが部屋番号を
確認しながらテーブルに
持ってきてくださる、

という
システムでした。

私は、一人だったので、
テーブルに着席後
特に、誰と話をすることもなく
周りを何となく眺めながら席に
座っていました。

すると係の方が、
「516号室、517号室の方
いらっしゃいますか?」

・・・・。

さらに、大きな声で
「516号室、517号室の方
いらっしゃいますか?」

・・・・。

こちらに振り返って、再度、

「516号室、517号室の方
いらっしゃいますか?」
と、何回も大きな声で
問いかけていました。

そんなに、
広い会場でもないから
不思議だな?

516号室、517号室の方は、
お手洗いにでも行ってしまったのかな?

などと思っていました。

しばらくすると、
また同じように、スタッフが
「516号室、517号室の方
いらっしゃいますか?」

と呼んでいましたが、
やはり、誰もその問いかけに
反応する方は、
いらっしゃいませんでした。

そして、・・・

4分後位に、
そのスタッフが、
私の、隣のテーブルに座っていた
二人の男性に問いかけました。

さっきよりは、
ずっと小さな声で

「516号室、517号室の方
ではないですか?」と。

すると、
「あっ!!すみません。気づきませんでした」と…。

スタッフがずっと探し求めていた
「516号室、517号室」の方達でした。

私は、
直接関係ないのに、
「はー良かった。
ゆっくり朝食が食べれる」
と、気持ちが落ち着きました。

さて、・・・

今回の出来事から
あなたは、何を感じましたか?
何を考えましたか?

私は、いつも頭の中が
【ILPT】なので、
いろんな出来事を、
腰痛や人間関係に結び付けて
活かそうとしてしまいます。

人間の脳の機能から考えると
スタッフの呼びかけは、
お二方の聴覚には、
届いていたことでしょう。

かなり大きな声で
問いかけていましたので。

しかも、何回も。。。

しかし、
ポイントは、ここ!

その時の二人の、【関心】
”二人の会話”にありました。
かなり盛り上がり、仕事の話を
されているようでした。
つまり、

『(聴覚)刺激としてインプットされても
その時、【関心】がないものは、
認知されない』

ということです。
この感覚から認知の話は、
認知運動療法としても
利用されているかと思います。

理解を深めるために、
身近な例をもう一つ
挙げておきましょう!

あなたは、
誰かに言われたことを
返事はしたのに、
忘れてしまったことありませんか?

私は、時々あります。

代表的なのが、
「明日は、・・の予定があるからね」
と家内いわれて返事をしておきながら、
翌朝
「今日は、どこに行くんだっけ」
と聞き直してしまうこと。

そんな経験はありませんか?

このときも、
決して相手のことに
【関心】がないわけでは
ないけれど、

それ以上に関心があるものに
意識が向いていると、
記憶に残りにくい
ということでしょう。

以上のように、
聴覚などの感覚にインプットされた情報も
その時【関心】がないものは、
認知されにっくく
記憶に残りにくくなってしまうでしょう。

では、これを
慢性の腰痛治療に当てはめて考えると

逆に利用すればいいわけですよね。
(何回かお伝えしてきたことですが)

つまり、
慢性の腰痛は、
「忘れる」方が改善しやすいと
されているので、
【関心】痛み以外に向けられるような
援助をしていくことが有効ですね。

朝起きたら、
・何がしたいのか、

痛みがあったとしても、
・何をやりたいのか、

本人が、
本当に

“楽しめて”

“やりがい” のある活動が

できるように
援助していけるといいですね。

一時的な鎮痛処置だけではなく。

今回は、
ホテルの朝食場面での気づきから
慢性腰痛の関わり方を
振り返ってみました。

よかったら、あなたの経験も

お聞かせ下さい。

すべての人々の“笑顔”のために。

IAIR認定アドバンスインストラクター
複合的腰痛アプローチ
IAIR Low back Pain Technology(ILPT)
主宰 赤羽秀徳

 

追伸

最近、街に急にベビカーが増えてきたな!と
感じたことがある方は、
お子さんが生まれたなど【関心】の対象が
変わった可能性があります。

【ILPTからのお知らせです】

★ILPT腰痛治療セミナー2016
☆昨年より、紹介者割引制度を導入しました。
関心がある方がいらっしゃいましたら、ご紹介ください。

☆大阪 2016年12月4日(日)

詳細・受付は、こちらから→ http://akahalabo.com/seminar

<今後の予定>

☆沖縄 2017年2月19日(日)

★ ILPTブラッシュアップセミナー2016
(受講対象:資格取得コース終了者)

☆沖縄  2017年2月18日(土)

☆東京  2017年3月26日(日)
*対象者は、下記フォームより【参加の有無】をお教え下さい。

>>>>https://ssl.form-mailer.jp/fms/f99e89d4369986

★IAIR認定ILPTプラクティショナ―資格取得コース
(メインコース1、2、3、試験)

今年度より、メインコース3では、
講義中心から、【ワーク中心】に変えております。
再受講による学習強化、是非一緒にしていきましょう!
☆富山

メインコース3  2016年12月10日(土)
認定試験     2016年12月11日(日)

☆大阪

メインコース3  2017年1月8日(日)
認定試験     2017年1月9日(月・祝)

☆東京

メインコース3  2017年1月28日(土)
認定試験     2017年1月29日(日)

☆名古屋

メインコース1  2016年11月19日(土)
メインコース2  2016年11月20日(日)
メインコース3  2017年2月4日(土)
認定試験     2017年2月5日(日)

☆仙台

メインコース1  2016年11月26日(土)
メインコース2  2016年11月27日(日)
メインコース3  2017年4月1日(土)
認定試験     2017年4月2日(日)

☆大阪
メインコース1  2017年2月11日(土・祝)
メインコース2  2017年2月12日(日)
メインコース3  2017年4月15日(土)
認定試験     2017年4月16日(日)

メインコースの詳細は、こちらからです。↓

ILPTプラクティショナー・ライセンス取得コース

今回も 最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ILPTセミナー情報はこちらからです。↓

専門家向けセミナー