最も有効な腰痛管理は、1)危険信号の検出、2)重篤な疾患ではないことの保証、3)有効なセルフケアの助言、4)可能な限り日常生活や仕事を継続、5)心理社会的因子の発見と対応、6)不必要な画像検査と医療化の回避。

http://goo.gl/7dqYvG